アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「思想」のブログ記事

みんなの「思想」ブログ

タイトル 日 時
続 ガンディーの言葉
 社会主義者とはどんな人か    社会主義(ソシヤリズム)というのは美しい言葉である。そしてわたしの知るかぎりでは、社会主義においては、社会のすべてのメンバーは平等である。すなわち一人として身分の賤しい者はなく、一人として身分の高い者はいない。人の体のなかで、頭は体のいちばん上にあるから貴(とうと)く、足の裏は地面に接触するから卑しいなどということはない。人の体の各部分が平等であるように、社会の構成メンバーも平等である。これが社会主義である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/16 13:25
ガンディーは日本の意図を見抜いていた
 今、世界のあちこちでいろいろな紛争が起きています。原因はさまざまですが、それらの紛争を解決する手段として武力が多く用いられます。それは、結果的に相手よりも、より強くより大きい武力が求められ、果てしない軍拡競争へと発展します。それが真の平和へつながるとは誰も思っていません。にもかかわらず私たちはそれを抑制する手段を持ち合わせていないのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/10 19:29
2012年新春のあいさつ
謹賀新年 去年ぼくらは、「さあ目覚めろ!」とばかりに両頬をピンタされた。 今年はその痛みにどう応えるか試される。 苦しくとも理性の勝利を信じて。 2012年(平成24年)正月吉日 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/09 12:25
ナショナリストに捧ぐ
ナショナリストに捧ぐ 「俗物の尤も喜ぶところは憂国家の称号なり。而して自称憂国家の作するところ多くは自儘なり。彼等は僻見多し、彼等は頑曲多し。彼等は復讐心を以て事を成す。彼等は盲目の執着を以て業を急ぐ。彼等は夢幻中の虚想を以て唯一の理想となす。彼等の慷慨、彼等の憂国、多くは彼等の自ら期せざる渦流に巻き去られて終ることあるものぞ。」(北村透谷「富嶽の詩神を思ふ」より) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/06 12:16
闇の中の一灯
 三権分立とはいえ、司法も時の権力と無関係ではない、ということは周知のことではあるが、最高裁が5月30日、6月6日と続けて君が代訴訟で原告を敗訴とする判決を下し、大阪府議会が公立教職員の君が代起立斉唱を義務付ける条例案を可決したように、国民を強引に絡め取ろうとする全体主義的策動がこのところ強まっている。そんな中で、6月6日の最高裁判決は裁判官5名のうち1名は反対している。反対した宮川裁判官の反対意見にはこの問題をどのように考えればよいか貴重な見解が示されている。たとえ違う立場の人間であっても、一... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/07 13:35
2011年もよろしくお願いします
あけましておめでとうございます。 2010年はあまり書きませんでしたが、今年もそれほど変わるとは思えません。 ただ、年末になって1本論文を書きましたのでそれをHPに載せました。URLは次のとおりです。 http://www5f.biglobe.ne.jp/~gudou/category_files/kanryousei.htm ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/01 17:12

トップへ | みんなの「思想」ブログ

求道等の思うこと 思想のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる