アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「社会」のブログ記事

みんなの「社会」ブログ

タイトル 日 時
朝日新聞の誤報問題
以下の記事は2014年9月26日に朝日新聞の「声」欄に投稿したものですが掲載されなかったものです。折角書いたものなのでここに記録として留めておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/29 11:11
今、原点に返ってアンリ・バルビュスを!
今年は第一次世界大戦開始100年。この大戦は今日の中東紛争の原因ともなる世界の枠組みを大きく変えた戦争であった。この大戦に41歳で従軍した小説家アンリ・バルビュスは、戦争の体験を経て、戦争の非人間性を告発し、その本質を追求する文学者として実践者として反戦、平和の運動を起していった。それが国際的〈クラルテ運動〉となった。現在の世界と日本の実情を見るときアンリ・バルビュスの訴えにもう一度耳を傾けてみるのも意味あることではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/28 11:49
我つぶやき集(10)
2013.11.16〜2014.2.20 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/01 14:38
我つぶやき集(9)
2013.7.1〜2013.10.12 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/25 10:56
福島第一原発の事故で死者は出なかったのか?
福島第一原発の事故で死者は出なかったのか?  原発を推進したい陣営がよく口にすること、「福島第一原発の事故で死亡者は一人も出ていない。だから原発を恐れることはない」。これは本当だろうか。「原子力安全・保安院」の報告書から見てみましょう。詳細は下記【資料】参照。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/18 19:15
「加藤周一さん お別れの会」を前にして
 現代日本における真の知識人、加藤周一さんが逝かれて早2ヶ月。博覧強記という月並みな言葉では言い尽くせない人間としての深い洞察力と先見の明による幾多の警告を世に与えてきた。それはただに警告を発するのみでなく「九条の会」に見られるように「今」に直接係るエネルギーと誠実さを擁していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/11 16:27
「角界の「大麻疑惑」と「12人の怒れる男たち」」について
「角界の「大麻疑惑」と「12人の怒れる男たち」」について 「12人の怒れる男」(ロシア2007年)が1957年のオリジナル版を超えたと思いましたのでトラックバックでお知らせしますが、時あたかも若麒麟の大麻所持で逮捕というニュースと一緒になるとは思いませんでした。名前が出なかった疑惑の人物とはこの人だったのですね。私のブログではこの件では全く触れていませんが。トラックバックの処理に慣れていませんでコメントに書くべきことをここに書いてしまいました。トラックバックすべき記事は直前の記事です。そちらを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/31 18:36
鑑賞録(2) 映画「12人の怒れる男」(ロシア2007年製作)
ブログを書く暇があったら……、などと言い訳をしてずっと手付かずにしていた我がブログ。書かないなら閉鎖すべきではないかなどと考えていたが10ヶ月ぶりに書くことにした。どうしても観て欲しい映画にめぐり合ったからだ。あまり上映館が多くないので観る機会が少ないかも知れない。ただ、もうすでにDVDになったらしい情報もある。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/28 23:45
右翼に弱い日本の民主主義
つい先だって(2月2日)にはグランドプリンスホテル新高輪が「右翼団体が集まって街宣活動し、騒音にさらされる。別の顧客や周辺に迷惑がかかる」として日教組に迷惑が掛かることを省みず、前から契約していた教研集会の会場としての使用を拒否し、さらにまた参加者の宿泊をも拒否した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/04/01 16:35
憲法問題に関するコメントへのお答え
コメント欄に書ききれなくなってしまいましたので記事投稿にさせていただきました。ご了承ください。(「考察:日本国憲法と国民投票法案」へのコメント) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/14 11:49
考察:日本国憲法と国民投票法案
政府・与党はいわゆる「国民投票法案」を「日本国憲法施行60周年」に合わせて今年(2007)の5月3日までに成立させたいとしている。提出されている法案の正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律案」(与党案)、「日本国憲法の改正及び国政における重要な問題に係る案件の発議手続及び国民投票に関する法律案」(民主党案)である。民主党案に一般国民投票を含めてはいるが、いずれも現憲法を改定することを目的にしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 5

2007/03/11 23:33
「第四権力」の増長
 そのまんま東氏の宮崎県知事の当選でさまざまな論評がされている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/01/24 13:58
「経団連って鬼ですね。」について
「経団連って鬼ですね。」について 本当にそう思います。さすがにだらしのない「連合」でも”反対”と言ってます。連合の主力は大手基幹産業の労組ですが、労組の中堅になっているのがほぼこの対象者の層に重なる訳ですから。ご存知のように多くの労働者は御用組合に愛想を尽かしてほとんど期待していません。その顕著な表れが組織率の低下です。でもやはり労働組合をしっかりさせないと生活だけでなく政治までダメになってしまいます。何とか立て直さなければならないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/10 23:25

トップへ | みんなの「社会」ブログ

求道等の思うこと 社会のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる