求道等の思うこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日新聞の誤報問題

<<   作成日時 : 2014/09/29 11:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以下の記事は2014年9月26日に朝日新聞の「声」欄に投稿したものですが掲載されなかったものです。折角書いたものなのでここに記録として留めておきます。

〈腰が据わっていない朝日新聞〉

「(慰安婦)吉田証言」と「(福一)吉田調書」それに「池上連載記事」に対する誤報とお詫びの記事が立て続けに出され、朝日の面目は丸つぶれの観がある。しかし何はともあれ、ほおかぶりせず率直に誤りを認め、わびた点は評価してよいと思う。しかしそれにも係わらずここまで尾を引いているのは何だろうか。それは「朝日」の本意がどこにあるのかつかめないところに原因がある。「吉田証言」の信憑性に対する疑義は本日の中島委員の指摘にあるように以前から知られていたし、慰安婦問題否定論者の論拠に使われていた。朝日新聞が最近になってやっと知りえたとは考えられない。それにもかかわらずなぜ今なのか。そもそも「慰安婦問題」は吉田証言だけで成り立っているものではない。「慰安婦問題」の真実と誤報との峻別が明確に伝わってこない。原発事故の「吉田調書問題」にしても、所員が命令に違反して離脱したかどうかがこの問題(事故対処)の本質ではなかったはずだ。朝日新聞の視点が「池上問題」を含めて定まっていない観が強い。検討すべきはそういうところにあるのではないだろうか。

以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日新聞の誤報問題 求道等の思うこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる